カスタマイズでは特許技術「マグネシウムシールド」を使用し現在お持ちのケーブルをカスタマイズいたします。
マグネシウムシールドを施工する事により、外部からの「電磁波」、「ノイズ」、「振動」を軽減しご使用中のケーブルをシステム全体のバランスを崩すことなく音質を向上させます。
特注品ではラックの支柱・棚板のサイズ変更やケーブルの長さプラグの交換、スタンドの天板サイズ変更・支柱の長さをオーダーメイドで作成いたします。 >まずはお見積りいたしますのでお気軽にご連絡ください。

◆カスタマイズに関するお問合せ:
カスタマイズに関するお問い合わせは、下記のお問合せフォームより内容をご送信ください。

お名前
ご住所
ご連絡先(TEL)
メールアドレス

お問い合わせ内容






◆お客様の声:


カスタマイズ例 :HDMIケーブルのマグネシウムシールド加工
お名前 :埼玉県 Aさん
メーカー :Wire World

<お客さまの感想>
このケーブルのノーマルでの映像の特徴は、明るい部分の力強さに加え、全体的に情報量が豊富で解像度が高いことだと思います。しかし、解像度の高さが仇となり、どうしてもザラザラとしたノイズ感が気になってました。

そこで、マグネシウムシールドを施してもらいましたが、ノイズ感の全く無い映像が現れ、今までいかにケーブルがノイズのアンテナになっていたのかが実感出来ました。

アースも繋いだら、今まで暗部にノイズがあることに気付いていなかったのですが、まるで掃除をしたかのように暗部が綺麗になり、黒の沈み込みの深さとその中にある情報量の豊かさ、そして元々の力強い光の表現力と合わせて映像のダイナミックレンジが拡大し、立体的な映像表現に生まれ変わった印象です。
今回は映像ケーブルですが、これが音声ケーブルでベールを二枚取ったようだと表現されることに共通するのでしょうか?また、全く期待していなかった部分も改善しました。今までは複雑なテクスチャの映像(水面やオーロラビジョンの前で歌うアーティストの映像等)では、演算が追い付かずどうしてもブロックノイズになっていましたが、それがすっかり影をひそめました。また、今までは丸みを帯びた形状のモノの表面がシマシマのグラデーションになっていたのが、目視出来ない位にグラデーションが細かくなり、より立体的な映像になりました。確かにこの改善には脱帽ですが、シールドで何故ここまで改善するのか不思議です。

以上の結果、シールド前同様の高解像度を維持しながら、ノイズ感の無い滑らかで奥行きのあるリアルな 映像に変身してしまい、とくに人の肌の表現力には、気味が悪い程の説得力があります。
今まで内容が良い にも関わらず、画質の悪さが気になってあまり見なかったDVDソフトも嘘のように気持ちよく鑑賞出来るように なり、マグネシウムシールドを施して本当に良かったと思います。


カスタマイズ例 :スピーカーのマグネシウムシールド加工
お名前 :音楽ジャーナリスト Gさん
メーカー :SONY製
型番 :APM-6

<お客さまの感想>
かつてソニーが心血を注いだ高級オーディオブランド・エスプリを代表する製品のAPM-6。受注生産、贅 沢なパーツを駆使した名機として高評価をほしいままにした同スピーカーを使い始めて4半世紀が経過した ことから、全面的なオーバーホールも兼ねて内部配線をすべてティグロンのマグネシウムケーブルに交換することにした。
 なぜ、同社を選んだか、それは軟銅細線の多芯構造というケーブルの特性と、聴感優先で新素材にこだ わらない姿勢、さらには高SN比を誇る最新のマグネシウムシールドという技術に興味を持ったからだ。

オーディオでよくいわれる逆説のひとつに「SN比がよくなると音質が無機質になる」というのがある。何の 根拠もない考察だが、確かにノイズレベル改善のみを目指すあまり、しばしば音色が暗くなったり、音楽的 な躍動感が後退したりするという現象はみられたと思う。

しかし、今回の改造ではそれは杞憂だった。出てきた音は、これみよがしのワイドレンジではなく、中域を 中心とした、柔軟で明色系の音色。といっても光が当たり過ぎていることなく適度な陰影感も出してくれる。 それがしっとりとした音色につながっていて、適度な厚みを感じさせる。まさにAPM-6が新たな生命を吹き 込まれたような鳴り方に変身した。

特筆すべきは、演奏者の音楽的な表現が極めてよく分かる点だ。たとえば、弦楽合奏の上げ弓、下げ弓、 ピチカートのニュアンス、スタッカート、レガート、テヌートといった音楽表現上の意図が以前とは比較になら ないほどよく伝わってくる。これは、再生芸術にとっては最も重要なポイントで、オーディオ機器の表現力の 高さといっていいと思う。このケーブルの特徴を一言でいうのは難しいが、すべてを、自然にあるがままに 出してくるという特性なのだと思う。ぜひ、電源コードやピンコードも聴いてみたいと思った。


カスタマイズ例 :スピーカーケーブルのマグネシウムシールド加工
お名前 :茨城県在住 Mさん
メーカー :Cardas社製
型番 :CROSS
<お客さまの感想>

依頼したスピーカーケーブルはセンターsp用でしたので(いつもMultiで聞いているわけではない)、エージングに日数がかかってしまいました。
60時間ほど鳴らし終っての感想は予想通り、かなり良い!というところでしょうか。

マグネシウムカスタムをしてないもう一本のケーブルと比較すると、臨場感、奥行きはかなり広がり、ヴァイ オリンの音は艶っぽく、且つ生々しくなった様です。

(私のセンターsp程度ではS/N改善までははっきりとはわかりませんでした)

値段を考えればこれは革命的変化であると思います。

さらにHDMIケーブル、DENON-LINKケーブルのマグネシウムカスタムを考えています。


カスタマイズ例 :電源ケーブルのマグネシウムシールド加工
お名前 :東京都在住 Tさん
メーカー :AET製
型番 :SCR
<お客さまの感想>

もともとの素性は、ライブ感の強い音となり、タイトで切れがあり残響音が少ない感じです。

使用する機器によっては高域が暴れ、聞きづらくなる傾向が見られました。

私の場合は、全ての機器に使用することで、結果的に全体のまとまりとグレードアップが図られました。

今回、一本分余っていたものをマグネシウムシールド加工をしていただき、UDPに使用しました。

実際にCDやSACDを使いJAZZ、ROCK、CLASSICを視聴しました。

明らかに違います。S/Nと単純に言ってしまえば、それまでなのですが、音の粒立ちと言って良いのか輪郭 なのか、そういったものがはっきりとする感覚です。聞きなれたソースに違う発見があり、且つ、全体の バランスは取れている。まるで機器をグレードアップしたような感覚にも似ています。

一週間後には全ての電源ケーブルを加工に出しました。